"歴史上の人物"の記事一覧

東風

東風(こち)   「東風吹かば におい起こせよ 梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ」   910年1月25日、菅原道真は大宰府に左遷された。 このとき、邸宅の庭の梅の木に別れを惜しんで詠んだのがこの句だ。   東風とは、東方から吹いてくるやや荒い風。…

続きを読むread more

「須原屋市兵衛」

  江戸時代、紀伊国栖原(現・湯浅町栖原)から、多くの大商人がでている。また、栖原ではないが同じ湯浅町からは紀伊國屋文左衛門も出ている。   須原屋 市兵衛(すはらや いちべえ)は江戸時代に、「解体新書」を出版したことで知られている。同じ栖原出身で、江戸出版業界の最大手・須原…

続きを読むread more

英一蝶の運命

英一蝶の運命   軽妙洒脱な風俗画で一世を風靡した英一蝶(はなぶさ・いっちょう)は、江戸の元禄時代、5代将軍・徳川綱吉のころに活躍した。 ところが、1698年、徳川綱吉の愛人・お伝の方を遊女(今でいうフーゾクの女性)に見立てた風刺画を描いたことが幕府の逆鱗に触れ、英一蝶は江戸を追放され、伊豆諸島の三宅島に…

続きを読むread more