"文化"の記事一覧

喜色

喜色   心のキャンバス  顔に浮かべる色もいろいろあります。  喜色は、うれしそうな顔つきのこと。  喜色の反対は憂色(心配そうな顔つき)  ほかにも、愁色(悲しみに沈んだ顔つき)、朗色(朗らかな表情)怨色(恨んでいるような顔つき)生色(生き生…

続きを読むread more

自分にかける魔法

自分にかける魔法 縁起 「縁起」とはもともとは仏教用語であり、すべての物事は何一つそれ自体で成り立つものはなく、無数の関係(縁)によって生ずることを表す言葉だ。 それがやがて、神社や寺ができた由来や霊験のことを指すようになった。 今では「縁起がいい」「縁起が悪い」など、個人的な吉凶の兆しを言うときにも使われて…

続きを読むread more

あやかりたい

あやかりたい 肖り鯛(あやかりたい) 鯛の語源は「平らな魚」という意味だが、この場合の「平ら」には「均整がとれている」 という意味も含まれている。 「金目鯛」「石鯛」「目鯛」「赤魚鯛(あこうだい)」など鯛とつく魚は200種類もあるそうだが、そのなかで本当にタイ科の魚なのは「真鯛」「黒鯛」など13種だけ。 …

続きを読むread more