"芸術"の記事一覧

歌麿の浮世絵、史上最高値で落札 8800万円

    フランスのパリ(Paris)で22日に行われた競売で、江戸時代の浮世絵師、喜多川歌麿(Kitagawa Utamaro)の版画が74万5000ユーロ(約8800万円)で落札されたことが分かった。主催者によると、落札額は日本の木版画としても歌麿(Kitagawa Utamar…

続きを読むread more

黒田清輝「湖畔」

1897年作 69×85cm  東京国立博物館所蔵   近代日本洋画の父、黒田清輝の最高傑作ともいえる「湖畔」。 国の重要文化財に指定されている「湖畔」は1897年、後に黒田清輝の妻となる金子種子(当時23歳)が、避暑として箱根の芦ノ湖を訪れた際、種子をモデルに芦ノ湖の湿潤な情景を描い…

続きを読むread more

血汐

血汐   「やわ肌の あつき血汐に ふれも見で さびしからずや 道を説く君」   あまりにも有名な与謝野晶子の和歌です。 当時、妻子のあった与謝野鉄幹にぶつけた、体当たりの情熱が感じられる。   身体の中を流れる血を、海の潮にたとえた「血汐」という言葉。 …

続きを読むread more