智辯和歌山vs智辯学園観戦記3

智辯和歌山vs智辯学園観戦記3
小林投手については、センバツでの鮮烈なデビューからすごく期待しています。
速球投手といえども、緩急をつけないと、ストレートばかりでは打たれてしまいます。
ぜひ、緩い球速の変化球を持ち球に加えてほしいです。自分に合ったストライクを取れる変化球を身につけていただきたいです。
それと、たまに死球を見かけますが、インコースのボールにする球の制球も上げてほしいです。
緩急を使い、インコースアウトコースを交互に使い、低め中心にたまに胸元に浮き上がる速球を交え、的を絞らせないような投球を心掛けてほしいです。
「腕を振れ」といいますが、腕も振れすぎると故障が心配です。
緩い球も交えることが、速球の威力を高めます。
インコースも置きに行くと打たれますが、投げ切った球は打者に対して威力があります。
ボールにする球も含め、内外角の制球の精度を高めていただきたいと願っています。