鶴岡記念大会2017和歌山選抜

鶴岡記念大会2017和歌山選抜
 
中四国ブロック 4 0 0 0 0 0 0  4
和歌山選抜   2 0 1 0 0 0 0  3
中四国:伊藤・上田‐今門・矢野泰
和歌山:岩本・矢田‐梅本・宇井
二塁打: 平尾(和)

三塁打:大塚(中) 

本塁打  川上(和)

初回三つのエラーが出て4失点。とくに、満塁でヒットを外野手が後逸して走者一掃され3点を失ったのは大きかった。
先発の岩本は6回を投げ2回以降は無失点と好投した。2番手の矢田も前見たときと比べフォームが安定しよくなっていた。
攻撃では1回裏、日本代表の左腕・伊藤の立ち上がりを攻め、上位打線の連打で2点を返すなど、打力を見せた。伊藤を2回で降板させた打力は目を見張るものがあった。
22塁でヒットが出て本塁を狙った走者を2度刺した相手の守備力が一枚上だった。
 
【中国四国選抜】
7 福島大 倉敷-倉敷商業
5 坂元 美作
8 杉井 広島-広島新庄
3 大塚 岡山
1 伊藤 広島-宮崎日大
6 福島烈 鳥取-創志学園
2 今門 広島-御殿場西
9 藤田 東広島-広陵
4 河月 安芸高田-尾道
【和歌山選抜】
6 小林 日高-智辯和歌山
4 木下 和歌山-明秀日立
5 平尾 田辺-明桜
3 川上 紀州-智辯和歌山
2 梅本 生石-市立和歌山
9 橋本 有田-市立和歌山
7 上原 和歌山-市立和歌山
1 岩本 湯浅-市立和歌山
8 中野 生石-大体大浪商
 
1 矢田 南紀-智辯和歌山
2 宇井 南紀-智辯和歌山