桃花笑春風

桃花笑春風
(とうかしゅんぷうにえむ)
桃の花が春風に揺られて微笑んでいるように咲いている。
この言葉は、中唐・崔護(さいご)の詩の一節です。
 もとの詩は以下の通りです。
 題都城南荘(都城の南荘に題す)
去年今日此門中 人面桃花相映紅 
 人面不知何處去 桃花依舊笑春風
 
去年の今日此の門の中 人面桃花あい映じて紅なり 
 人面はいずこにか去るを知らざるも 
 桃花は旧に依りて春風に笑む
 
去年の今日、この門の中で、
あの人の顔と桃の花が、共に紅く映えていた。
あの人が何処に行ってしまったのかわからないが、
桃の花は以前のように、春風の中咲きほころんでいる。
 
咲く花を見て想う女性がいるなんて青春ですね