正念場

正念場
本当の自分を演じるとき
 

歌舞伎や浄瑠璃では、役の性格や心の持ち方のことを「性根」という。そして、性根の奥深いところまでくみ取って、じっくりと表現する場が「性根場」。

一番重要な見せ場のことだ。
 これに、仏教用語の「正念」が結びついてできたのが正念場だといわれている。
 「正念」とは雑念を払い、真理を求める心をいつも忘れないことで、平常心と置き換えられることもある。
 誰でも、ここが正念場だと思えば、何が何でも頑張ろうとします。でも、本来の意味からすれば、無理して踏ん張るところではないのです。
 役者なら、その役になり切る。あなたは、いつものあなたになり切ればいいわけです。
 ここぞという場面を、どうか一番自分らしく乗り切ってください。
 
テスト勉強頑張ってね!精一杯やれば、それでいいじゃ