奥の手

奥の手
誰でも持っている
とっておきの最後の手段。みなさん、お持ちですか?
「それがあったら苦労しないよ」とおっしゃる方も、「実は」とニンマリする方も、本当は誰でも持っています。
そう、奥の手とは左手のことでした。
昔は、左を尊重していたので、左手のことを奥の手と呼んだ。
中国の影響なのだが、中国も時代によって左を重んじたり、右を重んじたりで、定着はせず「左遷」とは、右を重んじていた時代の言葉だ。
たいていの人が普段使うのは右手。そして、とっておきの手を奥の手というようになった。
困ったときには奥の手がある。そう思っていると、心強いものです。
実際、秘策はどこかではなく、あなたの心の中にあるのです。