初心

初心
いつも生まれたて
 「しょしん」と読めば、初めに思い立った決心のことです。「うぶ」と読めば、世間ずれしていないこと、そして、「ういごころ」と読めば、けがれのない心のことです。
「うい」や「うぶ」の語源は、「生み」「産む」で、生命の誕生に由来する言葉だ。
実際に産まれてくることは、誰にでも一生に一度だけだが、私たちの細胞は、日々、生まれ変わっている。
人は毎日、ささやかな生まれ変わりを繰り返して生きている。
生まれたばかりのまっさらな心で見れば、見えなかったもの、見失っていたものが見えるかもしれません。
 「初心忘れるべからず」ですが「ういごころ」も失いたくないですね。