千秋楽

千秋楽
最後の一歩からのスタート
 雅楽で、いつも最後に演奏する曲が千秋楽という曲だそうです。
 「千秋」は「一日千秋の思い」の千秋で、千年という意味です。
これから長く続く歳月、ずっとずっと祝福できる世の中でありますように・・・そんな願いを込めて奏でられるのでしょうね。
 やがて、芝居や大相撲の最終日を指すようになりました。
最後に際して、いや、最後だからこそ、これから続く日々に思いをはせる・・・・。
ゲーテも言っています。
「いつかゴールにたどり着くのではない。一歩一歩がゴールであり、スタートなのだ」