日本 IWC国際捕鯨委員会から脱退

日本 IWC国際捕鯨委員会から脱退
商業捕鯨再開を決める
20181226
政府は、IWC(国際捕鯨委員会)から脱退すると正式に発表した。来年7月から商業捕鯨を再開する。
  菅官房長官は脱退の理由について、今年9月のIWC総会で日本の商業捕鯨一部再開の提案が否決され、「鯨資源の持続的利用の立場と保護の立場の共存が不可能であることが改めて明らかとなった」ためと説明した。
 今後、IWCにはオブザーバーとして参加し、連携を続けるが、菅長官は、日本の考えを支持する国々と、「将来的には新たな国際的な枠組み作りも検討していきたい」と述べた。
 脱退の手続きを経て、日本は来年7月から日本近海などに限って商業捕鯨を再開する