智辯和歌山vs近江 観戦記 投手編

イメージ 1
智辯和歌山のエース平田の状態が十分ではなかったため、近江打線に3本のホームランを浴びて敗れた。
アンパイアの低めのストライクゾーンが広いと感じられただけに、もう少し低めを突くことが出来ていればと残念である。
平田投手は初戦の高野山戦は素晴らしい投球だったが、市立和歌山戦、近江戦は腕の振りが十分ではなかった。平田投手の調子が悪い時に、救援する投手が十分に育たなかったことが悔やまれる。
甲子園はすべての球の球速が表示され、コンディションがよくないことはすぐに分かった。紀三井寺球場も球速表示の設備をぜひ造ってほしい。和歌山県の野球レベル向上に不可欠だと思う。
救援した小堀投手は、キレのある球を投げ込んでいた。この試合だけなら、平田投手より状態は良かった。紀州ボーイズ時代、智辯和歌山では投手はきびしいのではと思っていたが、投手でやれたところに、本人の努力と智辯和歌山の育成力を感じさせられた。
 
新チームからは、公式戦を任せられる複数のエース育成を目指していただきたいです。
池田陽佑、根来、湯浅、山本、(東妻)、池田泰騎、小林、矢田、立花をはじめ投手陣の成長に期待しています。