桐蔭はシード校の初芝橋本との初戦が決定

桐蔭はシード校の初芝橋本との初戦が決定
 
 第100回全国高校野球選手権記念和歌山大会の組み合わせ抽選会が行われ、桐蔭は715日の第4試合(午後4時開始予定)でシード校の初芝橋本との初戦(2回戦)が決まった。
  和歌山中時代から20度の出場を誇る名門で、前身の全国中等学校優勝野球大会の第1回から連続参加している。今夏の甲子園大会開会式では、同じ歴史を持つ市岡(大阪=旧市岡中)関西学院(兵庫=旧関西学院中)など全国15校の主将が、代表校の先頭で入場行進を行う。
  すでに“甲子園出場”を決めている坂本雄冴主将だが「もちろん1人ではなく、チーム全員で甲子園に行きたい」と代表出場を狙う。