九州国際大付属13-0明豊

イメージ 1
春季九州大会決勝
九州国際大付は四回、3二塁打の長打攻勢で点差を広げ、流れを作った。「四回の5点で楽になった」という山本は、これで公式戦初の完封勝ちだ。自慢の打線が投手の余裕を生む理想的な展開で、春の九州の頂点に立った。
 直球は120キロ台。山本は制球しか頭にない。2年生エース下村が速球派。先輩として負けたくない自分は、昨秋あたりからスピードを捨てた。「最速は131キロ。試合では8割ぐらいの意識で投げる。今日も力みなくやれた」。小さなテイクバックからすぐ腕が上がるフォームで、打者も間合いが取りづらそうだ。
  凡打の山の中で三振は一つだけ。それを完封への正念場となった八回に取った。2死からの右前安打を契機に、盗塁も絡められて二、三塁となった場面。強打者・浜田への22からの1球が焦点だった。「ボールになったけど、直球で内角をうまく突けた」。このあと注文通り、外角スライダーで空を切らせた。
  山本は選抜8強の創成館(長崎)との準々決勝で3安打完投した。初戦と準決勝は下村が完投。優勝までの4戦とも1人が投げきった。4番で捕手の戸高は「投手が頑張っているから打ってあげたいと思った。今大会の原動力はマウンドの2人だと思う」と拍手を送る。打の印象が強いチームにあって、投手陣の進歩が目覚ましい春となった。
 
明豊
8
5 伊谷
9 濱田
6 野辺
7 川野
3 大平
2 若杉
4 清水
1 大畑
 
九州国際大付属
5 中村
8 安永
3 甲斐
2 戸高
9 葛城
7 森本
6 中川
1 山本
4