“玄人”ばかりの2018年「新人女子アナ」 元乃木坂、芸能プロ出身…

イメージ 1
 
 世間では大卒者の就職内定率が過去最高である。それでも、民放キー局の女子アナが狭き門であることに変わりはない。気になるのは、カメラ写りが良すぎて初々しくない新人がやたらと目立つことだ。芸能プロ出身の彼女たちは、いかにして難関をくぐり抜けてきたのだろうか。
「民放キー局のアナウンサー志望者は、男女あわせて毎年5000人ほどが集まります。もっとも、その大半が“記念受験”で、本気で受かるとは思っていません」
  そう話すのは、都内の有名アナウンススクールの講師である。本気でアナウンサーを目指しているのは、200名前後だという。そこから晴れて局アナの肩書を手に入れられるのは1015名。女子アナはさらにその半分ほどだ。
 通常、局アナの採用にはカメラテストや面接を含めると、内定までに45回の関門を突破しなければならない。
「女子アナの選考基準で大事なのは、滑舌、機転、そして万人から好かれる容姿です。有名大学のミスコン優勝者やファイナリストが有利なのは、そうした理由があるのです」
  だがここ数年、女子アナへの「近道」が微妙に変わりつつあるという。もうじき発表になるが、民放キー局の新人女子アナの顔ぶれを見てみると、芸能活動経験者がずらり。
 日本テレビに内定した市來玲奈は「乃木坂46」の元メンバー。「さざ波ラプソディー」など2本の映画でヒロインを演じている。もう1人の岩田絵里奈はミス慶応のファイナリストだったが、彼女も芸能プロダクション「スターダストプロモーション」に所属していた。
  また、フジテレビの井上清華は「NEWS ZERO」(日テレ系)のお天気コーナーを担当していた。TBSの良原安美(あみ)も「NEWS ZERO」のお天気コーナーを担当していたことがある。
 
 芸能人出身の女子アナといえば、元フジの平井理央アナなどの前例があるが、最近はまるで芸能界からスカウトしているかのようだ。
なぜ、彼女たちが有利なのだろうか。
「女子アナの採用で大きな変化があったのは、3年前からです。日テレの笹崎里菜アナが、クラブでのアルバイトを報告していなかったため、一時内定を取り消された件がありましたが、これが大きかった。女子アナの採用にあたって、水商売などの経験はNGですが、なかなか分からないもの。その点、芸能プロは男性関係まで厳しくチェックしているから安心です。一方で、女子アナは入社すると10年ほどで辞めてフリーになってしまう。局側も育てるより、場馴れしているタレントを採ったほうが効率がいいのです」
 
  玄人みたいな新人アナが目立つわけである。
 
私は、大学の同級生でアナになっている人が2人いる。テレビ朝日の楠くん、MBSの美藤くんだ。とくに楠くんは田辺高校出身で同じ和歌山県人ということもあり親近感が強い。ところが残念なことに、女子アナとは全く縁がない。
画像は岩田絵里奈さん。