鮮烈な智辯和歌山の長打

イメージ 1
 
効果的な長打力で逆転勝ちを果たした智弁和歌山。4強進出は優勝した2000年以来のこと。「野球の神様が見ていてくれました」
 
1点を追う智弁和歌山、10回裏の攻撃だ。2死一、二塁から左打席に入った黒川史陽が、創成館の4番手・酒井駿輔のやや甘いチェンジアップをたたくと、打球は風にも乗ってレフトの頭を越えた。三塁走者、そして間一髪で一塁走者も還る。10回表に取られた1点をひっくり返す、逆転サヨナラ二塁打だ。
 ここまでの2戦、黒川は7打数ノーヒット。だがこの日は、3点を先制された2回の第1打席、左翼スタンドへのホームランを放つと、延長10回の大殊勲打。「厳しい冬を過ごしたし、打てなくてもあきらめずに練習したので、自信を持って行ったろう」という打席が、神様のお眼鏡にかなったのかもしれない。
 高嶋仁監督が言う。「黒川は2年生だけど、左方向にも大きいのを打てる。球を呼び込んで、しっかりつかまえる力があるんです」
 相手はいい投手。ロースコアの展開になるのでは……智弁和歌山・高嶋、創成館・稙田龍生両監督の思惑とは違い、壮絶な打撃戦となった。一時は72と、創成館が最大5点差としたが、智弁和歌山は5回、3安打を集中して1点差に。2点を追う9回には2死から「打つのはまったく苦手」という投手・平田龍輝の2点タイムリーで延長に持ち込み、10回には劇的なサヨナラだ。2死一塁からゴロでは点にならない
 今大会出場校のうち、現チームで大阪桐蔭と対戦しているのは4校。秋季近畿大会の近江、智弁和歌山、明治神宮大会の駒大苫小牧、そして創成館だ。智弁和歌山は近畿大会決勝で01と惜敗し、逆に創成館は74と、「春どころか夏まで負けないんじゃないか」と言われた巨大戦力に、唯一の黒星をつけている。
 だが……ベスト4進出を決めたのは、智弁和歌山のほうだった。継投策で接戦をしのぎ、初のベスト8に進んだ創成館だが、この日は繰り出す4投手がことごとくとらえられた。創成館に敗れた兄弟校の智弁学園(奈良)のリベンジを果たした格好で、稙田監督が脱帽する。「継投が後手後手になりましたが、予想以上に智弁和歌山さんの打線が良かった。あの打力、あの打球の速さ。あれを身につけないと、上には行けないんですね」
 以前高嶋監督と話したときのことだ。
「たとえば無死一塁でも、2死一塁でも、1点がほしいのは同じでしょう。だけど2死一塁からゴロを打つようでは、かりに内野の間を抜けたとしても点にはなりません。だから普段から、ゴロは打つな、野手の頭を越せぇ、という練習をしてるんですよ。ノーアウトでもワンアウトでも、ややこしいとこに打つくらいなら、野手の頭をオーバーせぇ、と(笑)。走者が一塁だとして、”打て”のサインを出せばゲッツーもありえますが、それはしょうがない。逆に、ゴロだったら、たとえヒットでも怒りますよ」
 強いゴロで野手の間を抜くのではなく、頭を越せぇ。いま流行のフライボール革命かと思うと、「いやいや、そうじゃない。私は前からそうです」と高嶋監督は断言する。文元洸成主将によると、「練習から、ライナーを打つことが基本です。頭を越せ、というのは当てに行かずしっかり振る、という意味だと理解しています」。
 確かに、創成館戦では黒川、林晃汰に一発が出て、最後の黒川の一打も外野手の「頭を越えた」ものだ。「ウチは長いのがなく、単打ばかり。智弁さんは、長打で点が取れます」とは稙田監督だが、実際の長打の数は創成館2本、智弁和歌山3本と大差はない。つまりそれだけ、智弁和歌山の長打が鮮烈で、効果的だったということだろう。