高梨沙羅 道徳教科書に掲載!節度と節制お手本、本人絶句「マズいんじゃ…」

イメージ 1
 
 ノルディックスキー・ジャンプでW杯最多勝記録を更新した高梨沙羅(20=クラレ)が道徳の教科書に掲載される。2019年度から正式教科になる中学校道徳の教科書で、節度と節制のお手本として登場する。
 男女を通じてのW杯歴代最多勝記録を更新し、今季全戦を終えて27日にドイツから羽田空港に帰国。空港で報道陣から教科書のことを聞くと「道徳ですか。私なんて載っけちゃマズいんじゃ。凄く驚いている、何か…」と言ったまま、手を口に当ててしばし絶句した。
  教科書では高梨の一日のスケジュールや食生活、基本練習に真面目に取り組む姿勢などが紹介されている。作成した学研教育みらいの編集部は「毎日の生活習慣を整えて競技に臨んでいる。若い人にも参考になるのではないか」と起用の意図を説明した。
  この日はW杯勝利数で自身2つ目となるギネス世界記録の認定も受けたが、こと教科書については「光栄で恐縮。しっかりした生活を心がけたい」と小さい体を一層小さくしていた。