智辯和歌山vs富山商業の感想

試合の感想
小堀投手は安定感を増した。ただ、ストレートが高く浮くことがあり、ボールを離すとき、きちんと右小指が上(親指が下)になっていない時に浮くのではと感じた。あと、1番打者に同点タイムリーされたときは、外ばっかりで合わされた。外角に揃えすぎたと感じた。それと、右打者インコースにシンカ―が投げれたら投球の幅が広まるのにと感じた。
池田投手は、リリーフした回こそ、身体か固く、ジャストミートされていたが、次の回からは制球も安定し、武器であるスライダーがよく決まっていた。
打撃では、1番神先選手は左肩の開きが早いため、インパクトで力が抜けてしまい、当てるだけのバッティングになっていた。
2番西川選手は選球眼に優れすごく出塁し活躍。
3番林選手は久しぶりの公式戦で、大振りが目立ち、ジャストミートできなかった。コンパクトに振った方がボールもよく飛ぶのにと感じた。
4番文元選手は安定感があり甘い球は必ずとらえていた。
5番富田選手は、林選手と同じくマークが厳しく、逆方向(ショートより右)を狙うことも必要だと感じた。(逆方向に1本打つと引っ張れる球が来る)
6番黒川選手は左右に打ち分けていたが、沢田投手の球威のほうがわずかに上回っていたと感じた。
7番根来選手は、低めの変化球の見極めが必要で、低めのボールになる変化球に良く手を出して、自分が不利なカウントになっていた。
8番東妻選手は、甘い球をレフトに3塁打し、成長を感じられた。
9番小堀選手は、ドアでバットが出るので当たらなかった。
池田選手は打撃の資質も有している(平田投手もそうだが)打者としても精進してほしい。走者を置いたときのけん制等上達していただきたい。