中央学院5-7明徳義塾

イメージ 1
 
中央学院
大谷拓海③船橋S
平野翔③武蔵府中S
宇田周平③取手S
髙鹿隼人②松戸S
池田翔③千葉東S
長沼航②取手S
西村陸③江戸川中央S
手塚歩夢②千葉西S
田中大暉③取手S
 
明徳義塾
眞鍋陸③明徳義塾中
田中闘③橿原磯城S
渡部颯太③今治中央B
谷合悠斗③岡山メッツ
中隈廉王③京都木津川S
安田陸②明徳義塾中
菰渕太陽③高松レイダース
市川悠太③高知市立潮江中
藤森涼一③大阪八尾B
 
中央学院大谷投手が変化球を交えてのらりくらりとした投球で明徳義塾打線をかわし田野に対し、明徳義塾市川投手は腕を振り、快速球と鋭いスライダーで中央学院打線を抑えた。
8回表、明徳義塾バッテリーは右打者の外角、左打者の内角一辺倒になった。球威球速ともに優れている市川だがペースを崩し左打者に死球を連発し、満塁とした後4番高鹿に置きに行った初球スライダーをタイムリーされ33の同点。さらに満塁で逆転のタイムリーを浴び35となった。ていねいに両サイドを突く投球ができていれば、1点も入っていなかったのではないだろうか。
ところが9回裏2死走者なしから2番田中がヒットで出塁、3番死球でつないだ212塁で4番谷合が真ん中ストレートをセンターバックスクリーンに逆転サヨナラ3ランホームラン。明徳義塾が75で逆転勝利。