富山商・4番石橋、甲子園で高校通算23本塁打目を宣言

富山商・4番石橋、甲子園で高校通算23本塁打目を宣言
「きれいなアーチでレフトに入れます」
 
25日に智弁和歌山と対戦する富山商は、4番・石橋航太中堅手が聖地での高校通算23本塁打を誓った。
23日に兵庫・伊丹市内で行われた練習では、智弁和歌山の144キロ右腕・平田龍輝を想定し、打撃投手に186センチの右投手を起用。さらにマウンドの2メートル手前から投げさせたが、石橋は右打席から振り抜き左前安打。「力が抜けて、いい感じ。思い切り振れました」と明るい表情を浮かべた。
四国合宿中の11日、岡豊(高知)との練習試合で、内角直球を左越えに運んで高校通算22本塁打。破壊力は満点。常に努力も怠らず、16日の大阪入り以降も、夜に1時間、1キロの重いバットや竹バットを使って振り込む。
  昨秋の県大会準決勝では高岡商の148キロ左腕・山田龍聖と対戦し、3打数無安打。「4番として情けない。今まで以上に頑張らないといけない」と家に帰って素振りを続け、気持ちを新たにした。
  本塁打を放って勝利するのが、初戦の最大目標だ。「きれいなアーチでレフトに入れます」。