横浜DeNA2軍 vs日体大

イメージ 1
日本体育大 3-2 DeNA2
日:東妻勇輔、吉田大喜、北山比呂、森博人、松本航 - 馬場龍星
横:阪口皓亮、田中健二朗、加賀繁、須田幸太、中川虎大、櫻井周斗 - 西森将司
 
横浜
関根大気 23 東邦
松尾大河 20 秀岳館
細川成也 20 明秀日立
DH 白根尚貴 25 開星
松井飛雄馬 28 三菱重工広島
青柳昴樹 21 大阪桐蔭
網谷圭将 21 千葉英和
西森将司 31 香川オ
狩野行寿 24 平成国際大
阪口皓亮 19 北海
 
日本体育大
大木惇司③東福岡
上西嵐満③宇部鴻城
船山貴大④日大三
高垣鋭次②智弁和歌山
エドポロ③日体大柏
DH 有住隆哉③明秀日立
中村誠④大阪桐蔭
木村仁④日大藤沢
馬場龍星③八戸学院光星
東妻勇輔④智弁和歌山
 
箕島から育成ドラフト1位でDeNA入りした中川虎大投手も投げたようですね。
 
日体大は、5投手の継投で14三振を奪った。
  今秋ドラフト上位候補で、最速153キロ右腕の東妻勇輔投手(智弁和歌山)が先発し、4回を3安打1失点(自責0)で毎回の8奪三振。
  2番手の吉田大喜(大冠)が、2回を2安打3奪三振。北山比呂(横浜)が11安打2奪三振、森博人(豊川)が12安打1失点1奪三振だった。
 
  Wエースで、同じくドラフト上位候補の松本航主将(明石商)は、体調不良からの復活登板。奪三振は0だったが、最終回を1安打無失点に抑えた。