センバツ21世紀枠

イメージ 1
由利工、伊万里は初の甲子園出場 膳所は40年ぶり
90回記念選抜高校野球大会(323日から13日間)の出場校を決める選考委員会が開かれ、由利工(秋田)、膳所(滋賀)、伊万里(佐賀)の3校が21世紀枠で出場する。
 
  由利工、伊万里はともに春夏通じて初めての甲子園出場。由利工は1962年の創部以来初めて出場した東北大会で8強入りを果たし、伊万里は昨秋の佐賀大会で準優勝の実績がある。滋賀県屈指の進学校・膳所は78年夏以来40年ぶりの甲子園切符。
21世紀枠は困難な条件の克服や地域貢献など他校の模範となるべき要素を選考基準に加えて選考される特別出場枠。
わたしは、一般選出の32校予想はパーフェクトだったが、21世紀枠は2校外した。
膳所は、一般枠で近江、彦根東の滋賀勢が2校選出されると予想していたので「滋賀から3校はないだろう」ということで予想外でした。
伊万里は、戦力的に来て好投手のいる藤岡中央が選ばれると予想して外していました。