2018センバツに注目

イメージ 1
  昨春の選抜を制した大阪桐蔭、夏の全国選手権に出場した聖光学院(福島)や日本航空石川などが出場した明治神宮大会。各地区の優勝校が集うこの大会を制し、「秋の日本一」に輝いたのは、四国王者の明徳義塾だった。
  エースとしてチームを引っ張ったのは、今夏の全国選手権を経験した右横手投げの市川。「大会前から、全試合投げるつもりだった」と、高知県大会の初戦から神宮の決勝まで、全10試合を完投した。
  馬淵監督からも「全試合いくつもりで」と新チームが始動するときに告げられており、その期待に見事応えた。完封は49試合を3点以内に抑える抜群の安定感だった。
 
  大阪桐蔭は1番藤原、3番中川、4番根尾ら、選抜優勝時の中心選手が複数残る。投手陣も甲子園を経験した柿木、横川、根尾がおり、近畿大会は10の辛勝だった智弁和歌山との決勝以外は、大差で勝ち上がった。
  「最強世代」とも言われるが、西谷監督の評価は「最強でも何でもない。歴代の先輩に失礼」。神宮大会では失策を連発して失点するなど、もろさも見せて創成館(長崎)に敗れた。
 
  北信越大会を初制覇した日本航空石川は3番原田や4番上田、中国大会で優勝したおかやま山陽(岡山)も3番森下に4番井元、同準優勝の下関国際(山口)はエースで4番の鶴田と、今夏の全国選手権を経験した選手が躍進の立役者となった。
 一方、秋に一躍全国区になったのが、瀬戸内(広島)の4番門叶(とがの)。中国大会1回戦で米子松蔭(鳥取)の投手陣から1試合4本塁打と打ちまくった。準決勝でおかやま山陽に敗れたが、出場の可能性が残る選抜へ向け、「甲子園でもホームランを打ちたい」と思いをはせる。
  九州大会では4強のうち、2校が公立勢。今夏、21年ぶりに甲子園出場を果たした東筑(福岡)はエース石田が健在で、夏春連続出場を確実なものに。その東筑を準決勝で破ったのが富島(宮崎)だ。県大会の初戦から3試合連続で2点差以内の試合をものにして、波に乗った。「あきらめない気持ちを出せた」と主将の中川。春夏通じて初の甲子園は確実だろう。
  中央学院(千葉)を関東初制覇に導いたのはエースで4番の大谷。左打者だが、神宮大会では明徳義塾の市川から左翼席中段近くへ一発を放ち、馬淵監督を「非凡なものを持っている」とうならせた。その中央学院に関東の準決勝で敗れた東海大相模(神奈川)だが、4番森下を筆頭に好選手がそろう。
  東北大会で準優勝した花巻東(岩手)では、1年生右腕の西舘が光った。最速は140キロ。菊池雄星(西武)や大谷翔平(日本ハム)らもつけた背番号「17」を背負い、躍動した。
  同じ1年生右腕では、東京王者の日大三・井上も注目だ。最速145キロでピンチでも思い切り腕を振れる気持ちの強さがある。東海大会の決勝で本塁打を放った東邦(愛知)の4番石川も1年生だ。
  近畿大会に初出場し、4強まで進んだ乙訓(おとくに、京都)は左腕富山、右腕川畑の二枚看板に注目。九州王者の創成館(長崎)も、左腕川原、右腕伊藤ら複数の好投手をそろえる。