大阪桐蔭vs京都翔英

イメージ 1
 
大阪桐蔭12-0京都翔英

桐蔭 3130104 12

翔英 0000000   0
 
今春センバツ王者・大阪桐蔭が15安打12点で、京都翔英を七回コールドで破って8強へ進出し、4年連続のセンバツ出場へ前進した。
  強力打線が、試合開始直後から京都翔英に襲いかかった。一回1死から連打と相手の失策で先制。さらに6番・井阪太一内野手の適時打と、7番・宮崎仁斗外野手の右犠飛で3点を奪った。
  二回はU-18日本代表の1番・藤原恭大外野手が、右中間へ特大のソロ。五回には4番・根尾昂内野手が、右翼席へ打った瞬間にスタンドインと分かるソロを放った。
  大阪桐蔭は、準々決勝で近大付と対戦する。
 
大阪桐蔭
藤原恭大②枚方B
青地斗舞②河南S
中川卓也②大阪福島S
根尾昂②飛騨高山B
山田健太②東海B
井阪太一②奈良西S
宮崎仁斗②志貴B
小泉航平②和歌山日高B
柿木蓮②佐賀東松B
 
京都翔英
8山本秀
9新田
7山本仁
3田中
2鈴木
5木村
6梧桐
4岡本
1遠藤