帝京vs日大三

帝京vs日大三
 
日大三125帝京
 
日三|0112008 = 12
帝京|0002111 = 5
()中村 ()松澤
【本塁打】中村() 田中、白石、田中()
 
 帝京は七回コールド負けを喫し、来春センバツ出場は絶望となった。
 4点を追う四回に3安打で2点を奪うと、五回には田中悠我内野手の右越えソロも飛び出し1点差に。そして六回、白石結太内野手も右越えソロを放ち、同点に追いついた。
 しかし、七回に先発の松沢海渡投手が集中打で一挙8失点。その裏に田中が2打席連続の右越えソロを放って意地を見せたが、反撃もそこまでだった。
エース松澤は2日前に9回を投げぬいていて、中1日で強打の日大三打線を抑えるのは至難の業といえる。
 前田三夫監督は「ピッチャーがねぇ…。(頼れるのは)1人しかいない。しょうがないね。彼に託すしかなかった」とため息をついた。甲子園春夏3度の優勝を誇る名門も、出場は11年夏が最後。指揮官は「勝てない時は勝てないね。長い冬です」と寂しげに苦笑した。
 
帝京
志田太陽②加須S
遠藤十壮琉①春日部B
田中悠我②江東ライオンズ
トラン・ヒー・キエン②荒川尾久B
笹川太輝②埼北ポニー
藤波怜央①春日部B
白石結太②埼玉杉戸B
竹田明憲②武蔵府中S
松澤海渡②北本市立東中
 
日大三
金子凌②小山B
木代成②八王子S
日置航②上田南S
大塚晃平②相模B
飯村昇大②千葉西S
前田聖矢①都筑中央B
中村奎太②八千代松陰中
齋藤龍二②相模B
柳澤真平②東京練馬B