市立和歌山vs和歌山南陵

市立和歌山vs和歌山南陵
逆転・逆転・逆転のシーソーゲーム
 
市和 001001020|4 
南陵 00003004|
 
市和:中村・金田‐米田
南陵:水原‐中山
 
3回に柑本の3塁打で市立和歌山が先制したが、5回、和歌山南陵は走者二人を置いて1番山崎が逆転の3ランホームラン。
追う市立和歌山は8回、柑本の2塁打と1死満塁から6番池田のスクイズで43と逆転。
その裏、和歌山南陵は1番山崎が同点ホームランを放つと、2番蔵屋、3番山田拓、4番中山と4者連続ホームランを放ち、一気に逆転。私自身、4打者連続ホームランを目の当たりにしたのは人生初めてだ。しかも、打たれた中村、金田投手は球速もある本格派投手だ。
 
市立和歌山
7 吉田 2 和歌山ビクトリーズ
3 柑本 2 和歌山ボーイズ
4 緒方 1 和歌山ボーイズ
9 安永 2 和歌山シニア
1 中村 2 紀州ボーイズ
6 池田 2 紀州ボーイズ
8 石原 2
2 米田 1 
5 中田 2 和歌山シニア
 
和歌山南陵
8 山崎 2 大阪ニューヤング
4 蔵屋 2 愛知西シニア
7 山田拓2
2 中山 2 狭山ヤング
9 松本 2 有田シニア
5 井上 1
3 寺田 2
6 大槻 2
1 水原 2 オール住之江