上野動物園シンシン出産で「パンダ株」2社が高騰

イメージ 1
シンシン出産を受けて「精養軒」「東天紅」株が急進
 
 東京・上野動物園のジャイアントパンダ「シンシン」が612日正午前、赤ちゃん1頭を出産したと報じられた。シンシンの出産は20127月以来約5年ぶり。
 
東京株式市場では出産を受け、上野動物園近くに本社を構える西洋料理店の精養軒と中華料理店の東天紅の株価が急伸した。
 
 精養軒の前週末9日終値は879円だったが、この日の始値は936円。その後、午後156分頃に年初来高値となる978円をつけ、前週末比57円高(プラス6.48%)の936円で取引を終了。
 
  一方、東天紅の9日終値は210円だったが、午後149分頃に年初来高値となる290円(ストップ高)をつけ結局、前週末比14円高(同6.67%)の224円で取引を終えた。
 
  両社の株価は「シンシンに妊娠の兆候あり」と報じられた523日、来店客増加による業績改善への期待感から急進。精養軒は、取引時間中に年初来高値(当時)の970円、東天紅も年初来高値(同)の219円を記録していた。
 
ただし、パンダの乳児期の死亡率は約5割と言われており、今後、赤ちゃんの健康状態が2社の株価に大きく影響する可能性もある。