智辯和歌山vs初芝橋本

イメージ 1
 
春季和歌山大会3回戦
 
智辯 001 000 220  5
初橋 000 000 201  3
 
HR 冨田(智)山田(初)
 
智弁和歌山が初芝橋本(和歌山)との接戦を制した。

  先発の北拓海投手(3年)は7回に1死満塁のピンチで降板するも、6回まで2安打の好投を見せた。北は「蔵野の言う通りに投げました」と捕手の蔵野真隆(3年)に信頼を置く。 今月から専任コーチに就任した元阪神の中谷仁氏(37)を含めた3人で練習中から配球を話し合っており、中谷氏からは「打たせて取る自分のタイプを分かってくれている」と元プロ目線のアドバイスも受けている。

 
智辯和歌山スタメン
9大星 3 美浜町立松洋中
4森本 3 紀州ボーイズ
3文元 2 神戸中央シニア
2蔵野 3 有田シニア
7富田 2 南海ボーイズ
8津田 3 門真ビッグドリームス(軟式)
6谷  3 和歌山シニア
5黒川 1 阪堺ボーイズ
1北  3 串本町立串本中
1平田 2 串本町立串本中