秀岳館vs大阪桐蔭

秀岳館vs大阪桐蔭
秀岳館
1 半情冬馬 3 直方ボーイズ(福岡)

2 竹輪涼介 3 武雄市立武雄中(佐賀)

3 木本凌雅 3 枚方ボーイズ(京都)

4 廣部就平 3 枚方ボーイズ(京都)
5 石井卓弥 3 那覇国際ポニーズ(沖縄)
6 山下竜哉 2 糸島ボーイズ(福岡)
7 藤本舜 3 久留米東ボーイズ(福岡)
8 幸地竜弥 3 南城市立玉城中(沖縄)
9 川端健斗 3 南都ボーイズ(奈良)
大阪桐蔭
1 藤原恭大 2 枚方ボーイズ
2 中川卓也 2 大阪福島シニア
イメージ 1
3 根尾昂 2 飛騨高山ボーイズ(岐阜)
4 山本ダンテ武蔵 3 瀬戸内シニア(広島)
5 福井章吾 3年生  箕面ボーイズ
6 山田健太 2年生  東海ボーイズ(愛知)
7 坂之下晴人 3年生  大正シニア
8 泉口友汰 3年生  日高ボーイズ(和歌山)
9 徳山壮磨 3年生  兵庫夢前クラブ(兵庫)
 
投打ともにスケールの大きい両チームが、超高校級の戦いを見せるのか?秀岳館は振りが鋭く、不振だった3番・木本が準々決勝で本塁打。下位打線も切れ目ない。大阪桐蔭はつなぐ打撃を心掛けているため、集中打が持ち味になる。6番・山田は打率.667と当たっている。先発投手陣は、秀岳館がほぼ同じ力量の川端、田浦の両左腕を有するのに対し、大阪桐蔭は徳山頼み。140㎞台後半の直球が武器となる根尾の起用法にも注目が集まる。