履正社vs報徳学園

イメージ 1
履正社
1 石田龍史 3 京都木津川シニア
2 溝邉冬輝 3 兵庫伊丹
3 安田尚憲 3 レッドスターBBC
4 若林将平 3 大淀ボーイズ
5 濱内太陽 2 松原ボーイズ
6 竹田祐 3 生駒ボーイズ
7 筒井太成 2 寝屋川シニア
8 片山悠 3 岸和田ボーイズ
9 西山虎太郎 2 兵庫伊丹
報徳学園
1 小園海斗 2 枚方ボーイズ
2 永山裕真 3 池田ボーイズ
3 片岡心 3 神戸須磨クラブ
4 篠原翔太 3 兵庫伊丹
5 神頭勇介 2 枚方ボーイズ
6 池上颯 3 京都南山城ボーイズ

7 長尾亮弥 2 淡路市立津名中 

8 岡本蒼 3 報徳学園中
9 西垣雅矢 3 朝来市立梁瀬中
 
似たタイプのチームなのだが、投打に少しずつ履正社が上回る。エース・竹田は3試合連続完投で防御率は2.00。スライダーなどの変化球と直球のコンビネーションが良く打たせて取る投球には安定感がある。打線は準々決勝で3安打を放った3番・安田の復調が好材料だ。報徳学園は上位だけではなく下位の長尾も好打者だが、相手が竹田となるとどれだけ打てるか?報徳打線が竹田投手を攻略できるかが勝敗のカギだ。エース・西垣が準々決勝で疲労から甘い球も目立っただけに、西垣がどれだけ踏ん張れるかにかかっている。