西川遥輝(日本ハム)6年目で1億円プレーヤーに

イメージ 1
 
「責任を感じて過ごさないと」
 
 日本ハムの西川遥輝内野手(24・智辯和歌山)が、契約更改交渉に臨み、3800万円アップの年俸1億円でサインした。プロ6年目での大台突破となった。「1つの目標でもあった。大台に乗ったことに責任を感じて、オフを過ごさないといけない」と表情を引き締めた。
 
  今季は主に1番打者として138試合出場し、リーグ2位の打率314厘、5本塁打、43打点をマーク。41盗塁とリードオフマンとして奮闘し、外野手部門でベストナインを初受賞した。
  ポストシーズンでも広島との日本シリーズ第5戦(札幌D)でサヨナラ満塁弾。チームの10年ぶりの日本一に大きく貢献した。