金字塔

イメージ 1
 
きらりと光る一文字
 
金字塔の「金」という字、何かに似ていると思いませんか?
実は、中国語で金字塔とは、ピラミッドのことです。
 
そういえば、ピラミッドは「金」という字のように先が尖がって、左右対称です。
 
「永く後世に伝えられるような不滅の業績」という意味で、この言葉を使い始めたのは日本人です。
世界七不思議のピラミッドに匹敵するくらいなので、よほどの業績でないと、金字塔を打ち立てたとはいえません。
でも、いきなり金字塔を打ち立てた人はいません。
それぞれの心の中にたてた、きらりと光る一文字のような思い・・・・
すべてはそこから始まったといえる。