眼差し

イメージ 1
 
誰かが見守っている
 
「視線」や「目つき」と同じような意味ですが、「目つき」→「視線」→「眼差し」の順に好感度がアップしていくように思えます。
眼差しは、目に込められた表情を含む言葉といえる。
視線は、見るものとみられる対象が合うことを意味し、目つきは目にすでに備わっている感じをいうのだそうです。
 
眼差しには心が伴うといえる。
 
人は、いつも、誰かの目を無意識のうちに感じて生きているのかもしれない。
たとえば、親、異性、世間一般の人々・・・・
 
いつも誰かが見守ってくれている・・・・そう思えることが、あなたを輝かせる第一歩。
まずは、自分自身を温かい眼差しで見守ってあげましょう。