ミス日本代表に22歳の象使い

イメージ 1
 世界最古のミスコンテスト「ミス・ワールド」の2016年日本代表選考会が5日、都内で行われ、31人のファイナリストから「ミス・ワールド日本代表」に、東京出身の通訳でモデルの吉川プリアンカさん(22)が輝いた。
 
ミス・ワールドは「美貌のほかに知性や個性も選考の基準」であるが、象使いの資格を持つとは個性的だ。わたしなど、象は大きくて踏みつぶされそうで怖い。

そばに居てくれて、安心できるような女の子がいい。