浴衣

浴衣
 
夏の装い
 
花火大会、お祭り、もうすぐ夏休みも終わりですが、みなさん、この夏、浴衣を着ましたか?
夏のイベントになると、今でも浴衣は人気のファッションです。
 
もともと、湯帷子(ゆかたびら)といったものを、略して浴衣とよぶようになった。
帷子とは単衣(ひとえ)の着物のことです。
 
江戸時代以前は、風呂というと、湯につかるのではなく、蒸し風呂だった。
そこに、麻の湯帷子を着て入ったそうです。
今のように、湯舟につかる習慣は江戸時代からです。
木綿が庶民の間に広まり、入浴後に浴衣を着てくつろぐようになっていった。
もともとは、人前で着るようなものではなかった浴衣が、今やファッションの一端を担っている。
 
未来には、どんな装いが登場してくるのだろうか・・・
 
イメージ 1