大分の女子マネが甲子園のグラウンドに~大会関係者慌てて制止

イメージ 1
 
 第98回全国高校野球選手権大会の甲子園練習が2日、甲子園球場で行われ、大分の女子マネジャー、首藤桃奈さん(3年)がユニホーム姿で練習に花を添えた。ところが、ノッカーにボールを運ぶなど練習を手伝ったところ、大会関係者から注意を受けてしまった。
 
  大会規定の参加資格には「その学校に在籍する男子生徒」となっており、練習もそれに準ずる形で行われている。学校側の勘違いでおこった事態だったが、大会関係者に指摘された後、首藤さんは「ダメでした」と笑顔で事態を受け入れ、グラウンドからベンチに下がった。
  首藤さんは、2歳半から始めたというクラッシクバレエが、もともとの専門。中高一貫教育の同校でも、中学までバレエをやっていたが、卒業式の答辞で「私がマネジャーになってチームを甲子園に連れて行きます」と宣言。2つ上の兄、有恒さんが野球をやっていたこともあって、高校から野球部のマネジャーになり、1年夏に初出場を果たし、3年生になった今年、再び聖地へ戻ってきた。
  バレエも将来続けるつもりで、高校入学後も時間を見つけて稽古している。それでも「(大会が)終わるまでは野球に専念します。みんな息子のように感じます」と、きっぱり。ナインを包み込む母性で、勝利をアシストする。