【神奈川大会】決勝

イメージ 1
 
横浜  2 0 0  0 3 3  0 0 1   9
慶應義塾 0 0 0  0 0 0  3 0 0   3
 
横浜:藤平尚真 - 徳田優大
慶應義塾:森田晃介 - 西澤俊哉
 
新生・横浜高校(神奈川)が3年ぶり16度目の夏の甲子園出場を決めた。昨夏限りで名将・渡辺元智監督が勇退し、新チームから平田徹監督が指揮。今秋ドラフト1位候補、藤平尚真投手や大物1年生の万波中正外野手らを中心に圧倒的な強さで優勝した。
 
横浜は1回表、1死から2番遠藤が内野安打。3番増田がカーブを捉え左中間へ先制2ラン。今大会チーム13本目で記録を更新
慶応は1回裏、3者凡退。藤平の最速は147
横浜は5回表、2死二塁から増田が内角高め直球を左翼ポール際へこの試合2本目の2ラン。40とした。さらに村田、石川の連続二塁打で1点を加え50
横浜は6回表、1死一、二塁から2番遠藤の適時三塁打で2点を加え70。さらに村田の犠飛で1点追加し80
慶応は7回裏、3連打でまず1点。さらに2死二、三塁から1番下山の中前適時打で2点を挙げ38とした
横浜は8回表、2死二塁から村田の適時二塁打で93とした
慶応は9回裏、先頭の山本が二塁打で出塁も後続なく無得点に終わり試合終了
 
横浜のスタメン
1・二 戸堀敦矢 3年生  戸塚シニア
2・三 遠藤駆 3年生  横浜港ボーイズ
3・中 増田珠 2年生  長崎シニア
4・左 村田雄大 3年生  世田谷西シニア
5・右 石川達也 3年生  中本牧シニア
6・一 公家響 3年生  会津ボーイズ  
7・投 藤平尚真 3年生  千葉市シニア  
8・捕 徳田優大 3年生  横浜瀬谷ボーイズ  
9・遊 渡邉翔 2年生  いわきボーイズ
 
慶應義塾のスタメン
1・三 下山悠介 1年生  千葉西シニア - 
2・二 矢澤慶大 2年生  尾張ボーイズ - 
3・右 大串亮太 3年生  世田谷西シニア - 
4・左 正木智也 2年生  世田谷西シニア - 
5・一 綿引達也 3年生  取手シニア - 
6・中 水久保佳幸 3年生  東京神宮シニア - 
7・遊 瀬戸西純 3年生  中本牧シニア - 
8・捕 西澤俊哉 3年生  北摂シニア - 
9・投 森田晃介 2年生  横浜緑シニア