和歌山県中学校総体・軟式野球 松洋が準優勝

和歌山県中学校総体・軟式野球 松洋が準優勝
 
和歌山県中学校総体・軟式野球の部は、新宮市のくろしおスタジアムなどで行われ、松洋が準優勝。2年ぶりの近畿大会出場を決めた。
 
16チームがトーナメントで激突。近畿出場権(上位2チーム)をかけて熱戦を展開した。松洋は初戦で明和(和歌山市)を43で破り、準々決勝は那賀(紀の川市)に5回コールド、102で大勝。準決勝では新庄(田辺市)を2―1で下し、決勝は岩出(岩出市)に延長9回の末、45で惜敗した。
 
  初回に3点先行された明和戦はすぐ裏の攻撃で敵失、立花の右前適時打などで3点奪って追いつくと、3回には右中間二塁打の小園が2死後に振り逃げで一気に本塁へ生還する好走塁を見せ、決勝の1点をもぎ取った。先発・小竹は2回から立ち直り、7回まですべて3者凡退に抑えて9奪三振と力投した。

那賀戦は2回に西崎、濱崎、杉元の2点適時打と東久保の左越え適時三塁打などで一挙9得点。小林、立花の継投で反撃を許さなかった。新庄戦は1点を追う4回、立花の左前適時打で試合を振り出しに戻すと、7回に小竹の適時二塁打で勝ち越し、小竹が2安打完投を果たした。

決勝は2点を追う4回、谷の左越え適時二塁打と暴投で同点。再び2点を追う5回には西崎が2点適時打するなど粘りを発揮したが、延長9回に勝ち越され、小林、小竹のリレーもあと一歩及ばなかった。
 
4試合のうち2試合が逆転勝ち。間野祐樹監督は「先制されても諦めず、全力疾走を怠らないなども実ったと思う。みんなバットが振れていた。1年生も声がかれるまで応援し、ベンチも含めてよく頑張った」とたたえ、近畿大会へは「少しミスがあったので修正し、1試合ずつ目の前の試合を全力で戦いたい」と力強く話した。
 
  近畿大会は88日から10日までの3日間、紀三井寺公園野球場で開催。上位3チームに全国出場権が与えられる。
 
【松洋中のメンバー】
小竹浩斗、三上貢世、赤松慎ノ介、西崎立真、杉元優斗、濱崎公彰、東久保司、小園陸斗、谷悠生、宮井康貴、立花裕也、龍神一樹、井元拓海、小川凪、田端瞭、小林樹斗、北岡愛流、小川彩晴、立花歩夢、宇戸悠稀、山本力翔、井元慎翔