安楽川(あらかわ)

イメージ 1
 
ももがおいしいシーズンが到来。
私の住む貴志川の隣町が、桃山町安楽川(紀の川市)。
美味しい桃の産地として有名である。
丸々とした、大きくて柔らかいももを食べると、果汁と甘さが口の中にあふれる。
俺は、甘みだけでなく、ちょっとだけ酸っぱさのあるももが好きだ。
 
安楽川は、和歌山県北西部、紀の川市の南西部にある地区で貴志川と紀ノ川の合流点に位置し、水害が多く、もとは荒川と書いた。
平安時代鳥羽院領荒川荘となり、美福門院(鳥羽天皇皇后)がこの地に住んで安楽川と改めたという。
のち高野山に寄進、高野山領となる。江戸時代から続くももの産地として知られる。