和佐範遠

和佐 範遠(わさ のりとお)は、江戸時代前期の紀州藩士。紀州竹林派の弓術家であり、通し矢の天下一。
 
寛文3年(1663年)、和佐森右衛門実延の子として、紀伊国和佐村禰宜(現在の和歌山県和歌山市祢宜)に生まれた。父実延は、紀州竹林派弓術家だった。範遠も紀州竹林派吉見台右衛門経武に師事し弓術を学んだが、技量が優れていたので藩より稽古料を給された。
 
貞享3年(1686年)427日、23歳の時、京都三十三間堂で大矢数を試み、総矢数13,053本の内、通し矢8,133本で天下一になった。この記録は以後破られることはなく現在に至っている。
範遠は記録達成の功績により知行300石に加増された。その後貞享5年(1688年)には藩主・綱教の射手役となり200石を加増された。
元禄2年(1689年)3月には師の吉見順正から印可を得た。
 
 正徳3年(1713年)324日、病に罹り田辺城内の長ヶ蔵で死去。享年51。遺跡は長男貞恒が継いだ。和佐家は以降も代々藩の弓術師範役となり存続した。
 
範遠の愛用した弓が、浄恩寺に2つ保管されている。一つは享保3年(1718年)に範遠の子が納めたもので、もう一つは範遠の250回忌を記念して子孫が納めたもので三十三間堂の通し矢に使用されたと伝わっている。
 
和佐範遠の墓は和歌山市矢田峠にあるが、毎日、その前を通って通勤している。しかし、素通りしてしまっている。亡くなった場所が田辺であることを今回知った。