2016年高額年俸選手

 2016年高額年俸選手
 
【セ・リーグ】
投手
 黒田博樹(広島) 6億円
 内海哲也(巨人) 4億円
 山口鉄也(巨人) 32000万円
 石川雅規(ヤクルト)2億円
 藤浪晋太郎(阪神) 17000万円
 
野手
 鳥谷敬(阪神) 4億円
 阿部慎之助(巨人) 32600万円
 村田修一(巨人) 3億円
 坂本勇人(巨人) 25000万円
 山田哲人(ヤクルト) 22000万円
 
 【パ・リーグ】
投手
 金子千尋(オリックス) 5億円
 摂津正(ソフトバンク) 4億円
 和田毅(ソフトバンク) 4億円
 五十嵐亮太(ソフトバンク) 35000万円
 平野佳寿(オリックス) 3億円
 
野手
 中村剛也(西武) 41000万円
 中島裕之(オリックス) 35000万円
 内川聖一(ソフトバンク) 33000万円
 糸井嘉男(オリックス) 28000万円
 柳田悠岐(ソフトバンク) 27000万円
 
  また、昨季4番打者として飛躍したDeNAの筒香嘉智が未更改。2年連続で日本一を達成したソフトバンクでは武田翔太が保留し、昨季3年総額12億円で加入した松坂大輔も更改を終えていない。ホークス残留を表明した松田宣浩に対しても球団側が総額16億円の4年契約を提示してるとされており、松坂、松田の両選手はランキング上位に入ってきそうだ。
 
  両リーグ通じて投手は黒田、野手は中村が最高年俸。黒田は日米通算200勝(残り7勝)、中村は3年連続、通算7度目の本塁打王も期待される。新シーズンではその金額に見合う活躍を見せることができるか。