名球会入りできない名投手たち

名球会入りできない名投手たち
 
名球会の資格(200勝)を変更して、名球会入りしてもらいたい名投手たち
 
1.斎藤雅樹
通算426試合18096敗 2375.2回 1707奪三振 防御率2.77
タイトル:MVP1回 沢村賞3回 最多勝5回 最優秀防御率3回 最多奪三振1回 最高勝率3
11試合連続完投勝利、3年連続開幕戦完封、2年連続20勝など輝かしい実績を持つ

通算防御率2.77はこの時代の投手としては驚異的な成績

 
 
2.桑田真澄
通算442試合17314114セーブ 2761.2回 1980奪三振 防御率3.55
タイトル:MVP1回 沢村賞1回 最優秀防御率2回 最多奪三振1回 最高勝率1
甲子園通算20勝の実績を引っ提げてプロ入り、プロ2年目に沢村賞と順調にキャリアを重ねたが、現役生活後半はケガに泣かされた
 
 
3.大野豊
通算707試合148100138セーブ 2231回 1733奪三振 防御率2.90
タイトル:沢村賞1回 最優秀防御率2回 最優秀救援投手1
テスト生でプロ入りし、プロ1年目の防御率は135.00と当初はあまり期待されていない投手だったが江夏豊の指導で覚醒、先発、抑え両方で成功をおさめた名投手
独特なフォームと七色の変化球と呼ばれる多彩な変化球で有名
148138セーブはすごい記録だ
 
 
4.佐々岡真司
通算570試合138153108セーブ5ホールド 2344.1回 1806奪三振 防御率3.58
タイトル:MVP1回 沢村賞1回 最多勝1回 最優秀防御率1
プロ1年目から1317セーブを挙げるなど、18年間カープの主力投手として活躍
大野同様起用法が先発、抑えと掛け持ちだった。しかし138108セーブは90年代を代表する名投手である
 
 
5.鹿取義隆
通算755試合 9146131セーブ 1306.1回 846奪三振 防御率2.76
タイトル:最優秀救援投手1
巨人・西武でリリーフエースとして活躍
日本球界史上屈指のリリーフ投手である
彼をトレードで獲得した西武の森監督はリリーフ投手の重要性を見抜いていたという意味でも慧眼だったと言えるだろう
 
 
6.赤堀元之
通算 380試合 5845139セーブ 794.1回 590奪三振 防御率2.88
タイトル:最優秀防御率1回、最優秀救援投手5
近鉄の守護神として活躍、1992年にはリリーフ投手ながら規定投球回に到達、防御率1.80で最優秀防御率を獲得している
プロ生活前半の酷使の影響で現役後半はあまり活躍出来なかったがパリーグ史上屈指の守護神である
 
 
7.石井一久
日米通算524試合1821371セーブ4ホールド 2717.1回 2545奪三振 防御率3.80
タイトル:最優秀防御率1回、最多奪三振2回、最高勝率1
野村ヤクルトで左のエースとして活躍、MLBドジャースでも2ケタ勝利2回、日本球界復帰後も安定した成績を残した
あまりコントロールは良くなかったものの、通算で9に迫る奪三振率は驚異的である
 
 
8.大塚晶文
NPB通算 305試合 1423137セーブ 350.2回 474奪三振 防御率2.39
MLB通算 236試合 131539セーブ74ホールド 232回 217奪三振 防御率2.44
タイトル:最優秀救援投手1回(NPB)、最多ホールド(MLB)
赤堀の後の近鉄の守護神。近鉄、中日でリリーフとして実績を残しMLB入り。パドレス、レンジャースのセットアッパーとして活躍した
1WBCの胴上げ投手
 
 
9.豊田清
通算 558試合 6650157セーブ81ホールド 992.1回 859奪三振 防御率2.99
タイトル:最優秀救援投手2
西武時代の2001年にストッパーに転向。2002年に防御率0.782003年に1.24と当時としては驚異的な防御率を残し2年連続で最優秀救援投手に輝いた
巨人移籍後は西武時代ほどの安定感を見せられなかったもののリリーバーとして活躍した