スパイ大募集 イギリス

イメージ 1
 
英国は「諜報員2000人」大募集
 
 ジェームズ・ボンド(007)の出身大学を御存知でしょうか。英国秘密情報部、通称MI6への就職に学歴は問われないが、ボンドは名門オックスフォード大卒。
実は同大→MI6のルートはグレアム・グリーンやジョン・ル・カレといった作家も辿った王道。
 
 スパイには高い知性と国家への忠誠心を疑われぬバックグラウンドが要求されるわけだが、キャメロン首相は、パリでのテロ事件を受けてMI6MI5(機密諜報部(SS))、米NSAに相当するスパイ機関を強化するため、諜報員2000人を公募すると発表した。
 
 現在、この3つの組織に在籍するのは12700人、およそ15%の人員増となる。
 
 MI6HPを覗いてみると、“ワークライフ・バランスを大切に”と謳われ、勤務地はロンドン、給与は情報分析官で年に500万円ほどだが、公務員年金に医療保険と福利厚生が充実。ボンド同様の秘密情報員となると、募集要項に“わくわくするようなユニークな仕事”“海外勤務の可能性あり”“語学研修制度あり”とあるものの、待遇は不明。
 
イスラム国のテロが多発する中で、イギリスでは新しい就職口ができたことになる。