アメリカで銃規制の世論

 
カリフォルニア銃撃 
ニューヨーク・タイムズが95年ぶり1面に社説…「野蛮な効率で人々殺害」と銃規制の必要訴え
 
ニューヨーク・タイムズは、米国内で銃犯罪が相次いでいることを受け、銃規制の必要性を強調する社説を1面に掲載した。
銃規制が1面で掲載されるのは1920年以来であり、続発する銃犯罪への「いらだちと苦悶」を表明するものといえる。
 
  社説は「野蛮な速度と効率によって人々を殺害するよう設計された」銃を合法的に購入できる現状について、「国家的な不名誉」であると批判。
米国民の怒りは「銃の普及によって利益を得る産業界に高く依存する」政治家たちに向けられるべきだとし、戦闘用ライフルや特定の弾薬使用を違法とすべきだと強調している。