モディリアーニ作「横たわる裸体」

モディリアーニ作「横たわる裸体」
 
イメージ 1
モディリアーニの裸婦像に210億円
 
イタリア生まれの画家アメデオ・モディリアーニ(1884~1920年)の油彩の裸婦像が、ニューヨークで競売商クリスティーズのオークションに掛けられ、1億7040万5000ドル(約210億円)で落札された。
 
 競売での美術品落札額としては、今年5月にニューヨークで競り落とされたピカソの「アルジェの女たち(バージョンO)」(1億7936万5000ドル)に次ぎ2番目に高い。
 
 落札されたのはモディリアーニが晩年の1917年から18年にかけ、クッションに横たわる裸身の女性を描いた「横たわる裸体」。個人収集家の家族が所有していた。落札者は明らかにされていない。
 
モディリアーニは有名な人気画家だが、36歳で亡くなっていることを今回知った。
私も野球監督を辞めたら、美術品を本格的にコレクションしようと考えているが、まあ、資金は1億円までとしたいので、モディリアーニには全く手が届かない。