「バナナと中国」

「バナナと中国」
中国に輸出のバナナ、大量に返品される=「南シナ海問題の影響」説も―フィリピン
 

20125月、フィリピンから中国へ輸出したバナナがまったく売れず、大量の返品が発生している。主な原因はフィリピン産の果物から輸入植物検疫措置の対象となる病害虫(検疫有害動植物)が発見されたことにあるとされているが、フィリピンの輸出業者は中国との間で問題にしている南シナ海のスカボロー礁(中国名・黄岩島)事件の影響を心配している。

 
フィリピンのバナナ栽培・輸出業者協会の責任者は、中国はフィリピン産バナナの輸入を認めているものの、中国人消費者がほとんど購入しないため、このままの状態が続けば返品がさらに増加すると懸念を示した。すでにコンテナ約240個分のバナナがフィリピンに返品されており、今後さらにコンテナ100個分前後が返品される予定だという。