スーパーの肉から見る日本人の真摯さ

スーパーの肉から見る日本人の真摯さ―中国メディア
 
中国メディアは、日本のスーパーなどで肉がどのように売られているかを紹介。肉がすべて決まった形に切りそろえられていることや、部位や産地によって価格が異なること、商品パッケージには100グラム当たりの値段とパッケージの値段、重量、消費期限、産地、部位などの情報が細かく記されていること、“しょうが焼用”など肉の種類によっておすすめの調理法が書かれていることに言及している。
 
 続いて、国産の肉が米国産や豪州産に比べて高いことから、日本では「国産のものは質がいい」という評価が根付いていること、消費期限は加工日からわずか数日で、期限が近付くと割引があることについても紹介。最後に「牛、豚、鶏の3種類があるだけではなく、それぞれの部位が使いやすいように加工され、包装されている。そのため売り場は衛生的で、顧客も必要なものだけを購入できる」と説明している。
 
この記事に対して、中国のネットユーザーからは、
「日本人のまじめさは本当に見習うべき」
「日本人は憎たらしいけど、(中国人と違って)自国民をだましたりしない」
「日本の老舗の菓子店がわずかな異物が混入しただけで人気を落とし、倒産したというニュースを聞いたことがある。商品の品質の面では、日本製品は本当に素晴らしい」
「盲目的にボイコットをするのではなく、日本製品に学ばなければならない」
「中国の商売はだましが基本、日本人には一生まねできない」
「日本人って本当に幸せだな」などのコメントが寄せられている。