ヴィーナス

イメージ 1
 
本来は囲まれた菜園を司る神であったが、後にギリシア神話におけるアプロディーテと同一視され、愛と美の女神と考えられるようになった。一般には半裸或いは全裸の美女の姿で表される。ウェヌス(ヴィーナス)は固有の神話が残っておらず、ローマ神話でウェヌスに帰せられる神話は本来アプロディーテのものである。
 
ギリシアではアプロディーテが金星を司るとされ、それに影響を受けてラテン語でも金星をウェヌスと呼ぶ。ヨーロッパ諸語で金星をウェヌスに相当する名で呼ぶのはこのためである。また、ラテン語で金曜日はdies Veneris(ウェヌスの日)である。
 
ウェヌス(ヴィーナス)は女性の美しさを表現する際の比喩として用いられたり、愛神の代名詞として用いられる。近世以降は女性名にも使われるようにもなった。また、マールスが「戦争」「武勇」「男性」「火星」を象徴するのに対してウェヌスは「愛」「女性」「金星」の象徴として用いられることも多い。性別記号で女性は「♀」と表記されるが、本来はウェヌスを意味する記号である。
画像はブグロー「ヴィーナスの誕生」