海外で通じない英語

 「サラリーマン」や「ジーパン」といった言葉は、日本で独自に作られた「和製英語」と呼ばれるもので、海外で使っても通じない。
 
イメージ 1
●「ガソリンスタンド」
ガソリンスタンドは和製英語で、アメリカでは「gas station」と呼ぶ。
 
●「コンセント」
「コンセント」は英語では「outlet」と言う。ちなみにコンセントに「差す側」は「プラグ」。英語では「plug」。
 
●「シャープペンシル」
欠かせない文房具のシャープペンシルも実は和製英語で、英語では「mechanical pencil」や「propelling pencil」と言う。
 
●「ノートパソコン」
ビジネスには欠かせないアイテムとなっているノートパソコンですが、これは海外では通じません。英語では「Lap Top」や「notebook」と言い、前者の方が一般的。
 
●「ビジネスホテル」

安価で泊まれるため、出張などの際にお世話になる「ビジネスホテル」。海外では「budgethotel」や「economy hotel」と伝えると宿泊料金の安いホテルを案内してもらえます。

 
●「フロント」
ホテルの受付のことを「フロント」と呼びますが、英語では「reception」や「front desk」と言う。海外旅行の際などには気を付けたい。
 
●「モーニングコール」
ホテルではお世話になることのある「モーニングコール」ですが、海外でお願いしたい場合は「Wake up call」と伝えましょう。モーニングコールと言っても、正しく伝わりません。
 
●「テレビ」
「テレビ」は英語の「television」を基にして作られた単語。海外で使う場合はちゃんと「television」と言いましょう。
 
●「クーラー」
日本では冷房のことを「クーラー」と言います。英語にすると「cooler」ですが、海外では「保冷箱」の意味です。冷房と伝えたい場合は「air conditioner」です。「エアコン」も通じません。
 
●「ミルクティー」
紅茶にミルクを入れるミルクティー。これも和製英語です。海外で「milk tea」と伝えても通じません。もし英語でミルクティーを注文したい場合は「tea with milk」。
 
●「フライドポテト」
日本人にもおなじみの「フライドポテト」。「ポテトフライ」とも言ったりしますが、どちらも和製英語です。アメリカでは「French fries」と言う。ただフライドポテトでも通じないことはない。
 

ちなみに最初に紹介した「サラリーマン」と「ジーパン」ですが、英語ではそれぞれ「officeworker」と「jeans」です。