医師が健康のためによく食べる食材

医師たちが、自分自身の健康のために積極的に食べている食材
 
1:トマト
「できるだけ生で食べる」
「毎日朝に酢とオリーブオイルで食べる」
 
2:ヨーグルト
「ヨーグルトは腸内細菌の環境を整え、アレルギ―、免疫機能の改善をする」

「カルシウムのために、牛乳、ヨーグルト、チーズを毎朝とっています。アメリカでは3 adayと表現しているようです」

 
3:納豆
「納豆などの大豆製品がホルモン系の悪性腫瘍を抑制する効果あり」
「血をサラサラにするものとして納豆、オクラの摂取を心がけている」
 
4:ブロッコリー
「野菜についてはブロッコリーを含む、アブラナ科の野菜を選ぶことが多い。オリーブオイル併用での無水調理が定番」
アブラナ科の中でも、手に入りやすく食べやすい野菜である点も、人気の秘訣かもしれません。
「ブロッコリーはタンパク質がかなり多いのでおすすめ」
 
5:りんご
「朝にりんごと温かいもの」
「毎朝、りんごとヨーグルトを食べてます」
 
以上、医師が実際に、自身の健康のために積極的に食べている食材です。
 
トップ5にはバランス良く様々な食材が並びましたが、理想的な食事を食べる順番については、「懐石料理のように、野菜からはじめ、魚系のタンパク質、最後に炭水化物(すぐに腸管から吸収されない)」とのことなので、意識したい。
 
医師が自分自身の健康のために、積極的に摂取している食材を真似ることで、よりバランスよく健康維持を目的とした食生活を、送ることができるかもしれません。
イメージ 1